こんにちは、ブログ担当の藤川です。

 

塾を運営されている方々にとりまして、
生徒のお母さん、お父さんとのコミュニケーションは非常に大切です。

しかし、授業に一生懸命になりすぎるあまり、
誰もが円滑にコミュニケーションが取れているというばかりではないと思います。

 

 

私は昔、全く違う業界での営業マンの時代がありました。

その時代の駆け出し頃の悩みといえば・・・
顧客、見込み客との雑談ができないことでした。

なやむビジネスマン

 

商品知識は自信がありました。
企画も出来ました。

 

でも、相手が話しかけてくれる話題を、
全然膨らませることができませんでした。

 

自分の営業の話しか出来ない、
今を思えば、すごくつまらない営業マンでした。

でも、その課題をクリアすることで、
顧客や営業見込み客との距離がグッと近づいて、
成果に結びついたと記憶しています。

 

 

そこで今回は、営業接客の質を上げる、

雑談

についてお話します。

 

 

色んなアイスブレイクの手段がありますが、

雑談

も手軽に実践出来る手段のひとつです。

 

 

雑談には、

自分の専門分野の領域以外の知識の「雑学」といわれる、
話の引き出しが必要です。

私の場合はこれが無くて困りました(泣)

 

 

今回は、話の引き出しが多い人が実践している方法
について書かれた本を紹介します。

『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』
(佐藤けんいち/著、こう書房/刊)

 

 

■気になったことはすぐにメモを取る

観察した内容を「引き出し」に定着させるには、
アウトプットしておくことが効果的です。
メモを取るという行為はアウトプット。

だから、常にメモ帳をもち歩き、気が付いたら
メモを取るという習慣を身につけること。

o0505033612866630357

 

■常に「なぜ?」「どうして?」を考える

「なぜ?」と思った事象に対して、自分で「仮説」を立て、
そして調べ、検証する。

調べたり、検証する行為は「なぜ?」がなければ出来ません。
現場での「なぜ?」の数が、引き出しを多くする。

おもいつき

 

■自分とは異なる視点を持つ

例えば、異性の視点でものを見たり、子どもの視点で考えたり、
海外の人の視点から観察するなど、
自分とは違う立場の人を想像し、
その視点から事象を観察する。

ひらめき

 

 

また、逆に引き出しが多いからといって、興味が無い話題を
延々と話されるのも押し付けられた感じになりかねませんので、

相手が望みそうな話題を察知し、該当する話題を話す・・・
そんな事が必要になりそうですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。