こんにちは、ブログサポート担当の藤川です。

 

少し前ですが、日経流通新聞に、

・会話は苦手ではないけれど

・お客様との会話が盛り上がらない

・うまく営業トークに持ち込む事が出来ない

・お客様との会話にコンプレックスを抱えている

人が意外と多いという記事が掲載されていました。

 

 

保護者との会話で盛上げて、

「サービスを利用する・継続する」

という意識を高めるため、

”相手のテンションを上げる”事が欠かせませんよね。

 

 

そこで重要になるのが、

共感するポイントを
沢山つくる事だそうです。

 

 

そこで、今回は、
共感力を高める7つのヒント

をまとめました。

女性2

 

①見た目の「第一印象」を良くすること。

アメリカUCLA大学の心理学者が提唱したメラビアンの法則によると、

初対面の人物を認識する割合は、

「見た目/表情/しぐさ/視線等」の視覚情報が55%!!

ただ、授業が出来れば良いというわけでなく、
自塾を利用していただくために、
お客様を説得したり、納得していただくのも仕事。

その過程において不快感を与える印象では、
話が先に進みませんね。

 

②”話題のストックを増やす”こと。

会話に自信が無い人は、まず事前の準備!!

話が盛り上がりそうなこと事前に紙に
書き出しておく習慣をつけることも良いそうです。

 

③お客様を名前で呼ぶ

“お客様”と呼ばれるよりも「○○様」と呼ばれたほうが、
自分のことを知ってくれている、覚えてくれている、
認められていると嬉しくなります。

 

④否定しない/話を遮らない/人の意見を整理しない。

ついついやってしまい勝ちなのが、

相手の考えや価値観を否定したり、話を遮ってしまったり、人の意見を整理してしまう否定。

これでは、心の壁を作ってしまい、
共感を得られないケースがあります。

・答えを求めていないのかも知れない

・聞いてほしいのかも

など、相手の立場になって言葉をチョイスしましょう。

 

⑤自分の経験を伝えてみましょう。

自塾を利用検討では、

「経験を伝えること」

が多きな安心感と言葉以上の説得力を与えます。

実際の経験談が、共感を生みます。

自分というフィルターを通した、

言葉で伝えるということが大切ですね。

 

⑥リフレクティングする

リフレクティングとは、「オウム返し」で、
相手の発した言葉をそのまま返すことです。

闇雲に同じ言葉を繰り返すのではなく、
相手の姿勢や動き、感情などにあわせて、
くり返すことが大切です。

カンタンなことですが、思っている以上に効果的です。

 

⑦お客様の声を集めてご覧頂きましょう。

商品やサービスに共感していただき、
利用していただくためには、
相手の不安や心配を払拭することが大切です。

そんな時に効果を発揮するのが

「お客様の声」です。

セールス言葉ではない、
ユーザーの感想が共感を生みます。

 

 

いかがでしたか?

 

 

必ずしもオンリーワンなサービスを
扱えるわけではありません。

なので、 “相手にアナタから買いたい”

そう思われなければ始まりませんので相手の共感を得て、

フトコロに入ることが本当に大切だと、私も感じています。

 

 

これ以外にもまだまだコツは沢山あると思いますので、

自分の環境に合ったコツを探してゆくのが大切ですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。