塾と保護者のコミュニケーションを促進! 満足度をアップし、生徒を増やすためのコミュニケーションツール

今月はこう乗り切る!<8月編> 短期間で保護者との信頼関係を築くこと

こんにちは。

EMシステムの代表であり、コンサルタントの伊藤です!

 

塾経営を通して経験してきました、

8月販促ポイントの、

「短期間で保護者との信頼関係を築くこと」

をお話させていただきます。

 

プロフィール写真

 

 

今の時期はどこの塾も夏期講習真っ盛りですね!

 

 

新しい生徒を獲得するのに最適な時期ですが、
毎年、どの程度、結果に結びついていますでしょうか?

 

 

この時期に体験を受ける人は、

(1)本気で入塾を考えている人
(2)たくさん体験を受けて、どこが良いか探している人
(3)各塾の大型キャンペーンを利用して、無料だけで学習を済ませたい人

が多いと思います。

中学生

 

(3)は相手にしないとして、

(1)は、ほぼ確実に入塾させる事が出来ますし、
(2)も、かなり高確率で獲得出来ると思います。

 

 

コツが・・・・・皆さん、気になりますよね?

 

 

コツはズバリ!

“短期間の体験期間中に
保護者との信頼を築けるか”

に尽きると思います。

 

 

通常の塾はこの「保護者との信頼」を得るため、

問い合わせ後の保護者面談、そして、体験後の保護者面談の2回でクロージングを目指します。

 

 

 

しかし私が運営している明哲ゼミナールでは、
上記2つの面談を全く行わず、
(1)(2)に関してはほぼ100%の入塾率を誇ります。

 

同様に、季節講習を受講されるため、他塾は講習前に
保護者面談を行って「コマ数を売る」訳ですが、

 

明哲ゼミではこの面談も全く行わずとも、
中学生は全員季節講習を受講、
小学生も4年生以上はほぼ全員受講してくれました。

ガッツ

 

その裏側は・・・

生徒達の塾での頑張りや学習状況を、出来る限り早く、
保護者にメールで報告したことでした。

 

 

時間をかければ、学習報告書は作成し、
届けることが容易いと思いますがそうではなく、

ポイントは、生徒が晩御飯を食べる頃に、
その話題で保護者の方と会話できるくらい早く届けること。

しかも、それを毎回の授業ごとに行って、
子供たちの日々、頑張っている過程を伝えたのです。

 

 

結果、面談をせずとも、
保護者の心をつかむ事に繋がりました。

 

 

一見、難しいように感じると思いますが、
ご案内している授業報告メールを自動作成する、
メールシステムEM(エム)であれば、可能です。

 

只今、無料体験を受付中です。

ぜひ、この大切な時期のロスしないためにお試しください。

 

コンサル伊藤の熱血!繁盛塾!

EMシステムBlog

PAGETOP