塾と保護者のコミュニケーションを促進! 満足度をアップし、生徒を増やすためのコミュニケーションツール

保護者を笑顔に→生徒も塾も笑顔に! 成功に導く<EMメソッド>

  • HOME »
  • 保護者を笑顔に→生徒も塾も笑顔に! 成功に導く<EMメソッド>

 

めそっど

長年の試行錯誤で辿り着いたEMメソッドのご紹介

◎年間の退塾率が5%以下!(卒業生を除く)
◎獲得が難しい小学生の比率が50%超え
◎保護者面談も入塾面談も不要になった
◎季節前補習前面談もやめた!しかし、受講率は上がった!
◎生徒数40名→2年後に100名!
◎個人塾なのに、塾長の勤務時間が毎日5時間に
◎個別指導なのに、偏差値60以上の生徒が増えた!
◎超高利益率な「1対40の個別指導塾」への進化!

 

はじめまして。EMシステム事務局代表 伊藤直樹です。

いきなりですが、これらは、

EMシステムを導入した実績です!

 

なぜ、ここまで進化できるのか‥

長年の試行錯誤の上、辿り着いた<EMメソッド>をご紹介します。

 

保護者が決めます!

入塾も退塾も決定するのは保護者です。なので、

 

生徒数=保護者から集めた信頼の数

 

となります。

 

しかし、今までのやり方で保護者が知るのは、
学校から伝えられる”結果”ばかりで、
塾で頑張る子どもの”過程”が伝わっていません。

 

つまり、

塾と保護者とのコミュニケーションが足りない!
だから、我々の努力は報われないのです!

 

塾側の心境

コミュニケーションが足りないのは、分かっていても‥
保護者面談は?→大変過ぎる!

電話連絡は?→嫌がられそう!

そんな時間があったら教材作りたい!
そもそもマンパワーが全然足りない!

 

そこでご提案!

「メールくらいは出来ますよね??」

 

 

授業報告メールで塾の「あるある」問題解決!

<問題> 体験には来るけど、入塾につながらない。
good(解決)入塾は生徒ではなく保護者が決めます。短い体験期間中に、保護者の信頼を勝ち取る    為には、日々直接保護者に連絡し続けるしかありません。
<問題> 成績下位層の生徒は、過去単元の復習中に、やめられてしまう。
good(解決)1.日々基礎学力が上がっている事、2.当面の目標は成績の向上(テスト対策)
 ではなく基礎学力の向上(復習)である事をしっかり伝えましょう!
<問題> 塾では良い子なのに、自宅で宿題をやらず、成績が上がらない。
good(解決)「思春期の親と子問題」の特効薬は「褒める材料」です。
 日々の報告メールを保護者が活用すれば「夕食中に我が子を褒める」が日課に。
<問題> 受験生ばかりで来年度の生徒数が心配。小学生が中々増えない。
good(解決)報告メールは受験やテストに関心の高い中高生の保護者はもちろん、
 子育てそのものへの意識の高い小学生の保護者が大変喜びます!

 

試行錯誤で見つけた、保護者の心をつかむ!報告メール3つのポイント!

長年の試行錯誤の末、見つけた保護者の心を掴む<授業報告メール>の
3つのポイントを伝授します!

1.出来るだけすぐに(当日中に褒める材料を提供!)

2.出来るだけ簡潔に(短いほど読んでもらえ、心に残ります)

3.授業内容だけ送る(保護者が知りたいのはズバリこれ!)

 

 

EMシステムなら、ワンクリックで全員分の授業報告メール送信!

保護者とのコミュニケーションの大切さは分かったけど、
実際にやってみるとなると‥大変じゃないの?

 

NO!

EMシステムを使えば、全員分の授業報告メールを自動作成!
内容確認後、ワンクリックで全員送信完了!
わずか5分で作業は終了します!

既にこの理念に共感くださる先生方により、EMメソッドのコミュニティが出来つつあります。
ぜひ同じ志の仲間として、情報交換や懇親会の場にお越し下さい。
教室運営のお悩み相談や当塾の見学も大歓迎です。
これからもどうぞよろしくお願いします。
EMシステム事務局代表 伊藤直樹

伊藤代表

問合せ

資料請求/お問合せはこちらへ TEL 0120-96-1519 (明哲ゼミナール内)
営業時間:平日16:00〜22:00

コンサル伊藤の熱血!繁盛塾!

EMシステムBlog

PAGETOP